トピックス

2016.09.15 | 「中秋の名月 十五夜」

お月見といえば「十五夜」の「満月」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
本来十五夜は満月のことですから、年に12回から13回めぐってきます。

中でも旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり、月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代からは収穫祭として広く親しまれるようになりました。

十五夜は旧暦の8月15日をさすので、新暦では月遅れの9月15日と思っている方も多いでしょう。しかし、旧暦と現在の暦にはズレが生じるため、毎年日付が異なります。

今年は、ちょうど9月15日が十五夜にあたります。

満月は17日です。

一年で最も美しい月を観賞しましょう!

豊作祈願や収穫の感謝をしましょう!

IMG_20160915_160030.jpg