トピックス

2016.05.31 | 旗屋小学校、高蔵小学校田植え体験

 5月13日(金)に名古屋市立旗屋小学校5年生、5月24日(火)高蔵小学校五年生の田植え学習を行いました。
地域社会への貢献の一環で、5年生の総合的な学習に関連して「稲づくり」の場所を提供し、今年で高蔵小学校は7回目を迎えます。

今年からは、初めて旗屋小学校も参加してくださいました。
 両日とも天気にも恵まれとてもよい日でした。初めて田んぼに入る子がほとんどで、今までに体験したことのない土の感触にあちこちから歓声があがっていました。すぐに慣れて土の感触が気持ちいいという子もいれば、最後まで恐る恐る田んぼに入っている子もいたりと様々でした。

 今年は、田植えのほかにも森の探検やビオトープの観察も行いました。
森に入る前にはみんなで「森の役割」について考え、みんな活発に意見を出してくれました。2日とも暑い日でしたが木陰は涼しく、森の中では鳥のさえずりを聞いたり、クモの巣を見つけたりしました。ビオトープでは池の中のメダカやアメンボ、周りに集まるトンボなどの観察を行い、水遊びを楽しむ子もいました。少しだけですが自然と触れ合うことができたのではないでしょうか。

 次に旗屋小学校と高蔵小学校の生徒さんがECO35にいらっしゃるのは稲刈りです。

今後のイネの成長が楽しみですね。

<旗屋小学校>

hataya1.JPGhataya2.JPGhataya3.JPG

<高蔵小学校>

takakura2.JPGtakakura1.JPGtakakura4.JPG